ヘリンボーン柄のクッションフロア

ヘリンボーンというのは、

開きにした魚の骨に似る形状からニシン(herring)の骨(bone)という意味をもつ。
(Wikipediaより引用)

そう言われればそんな風に見えますね。

こんな柄です。

このデザインは実際に板を組み合わせて床を作ると、
かなり費用が掛かるようです。

ヒロミさんが“八王子リホーム”で、
おかずクラブのゆいPさんの部屋のリフォームで使ったのは、
クッションフロアです。

これがクッションフロアです。

クッションフロア ヘリンボーン

クッションフロアだと両面テープで貼ることができるので、
板材と比べるとかなりコストダウンになります。

ヒロミさんの貼り方

  • クッションフロアを専用の両面テープで貼り、
  • 端っこの処理は、専用カッターで余りを切り、
  • ジョイントローラーでならしてしっかり貼りました。

クッションフロア用両面テープ 23-7321
クッションフロア専用コーナーカッターCFカッター
床材や巾木の押さえにはコレ! 極東 ジョイントローラー 23-5644

広い面積を貼る時にはコツが必要のようです。

商品ページに貼り方の動画があるので、
かなり参考になるかもしれません。
楽天市場の壁紙屋本舗の商品ページです。

[住宅用クッションフロア ウッド  ウッドチェリー(ヘリンボーン)HM-1034 サンゲツ(1m単位)]

ちなみに、ゆいPさんの部屋のリフォームテーマは
ブリティッシュカントリースタイル』でした。