鉄板の棚の仕切り「toolboxの鉄の方立」

鉄板で出来た棚の仕切りを見たのは、

ヒロミさんがキングコング梶原さんちのリビングをリフォームした時。
(2017年3月27日のTV番組「有吉ゼミ」の“八王子リホーム”のコーナー)

足場材でテレビ台を作った時に、

toolboxの「鉄の方立」を仕切りに使っていました。

足場材はこういう板です。

toolboxは、

リノベーションやリフォームの部材や部品を販売しているサイトで、

カッコイイ商品が多いので見ていて楽しいです。

また、リノベ事例も載っていて色々参考にもなります。

キッチン・洗面・フローリング・タイル・建具・照明・パーツ・家具・カーテン・塗料など、空間づくりに必要なアイテムを販売し、東京を中心に、リフォーム・リノベーションの設計・施工も行っています。

この「鉄の方立」は、暑さが約3mmとかなり薄いんですが、強度は十分あるそうですよ。

この薄い方立、厚さは約3mm。厚さ1.5mmの鉄板2枚を溶接しているから、薄くても強度は十分。よっぽどのことがない限り、曲がってしまうことはありません。
toolboxの商品ページより抜粋)

薄いのでその分棚に多くの物を収納できます。

あまり重い物を乗せすぎると強度が保てないので、

その目安は、

取付けピッチは1mを超えない程度で、棚板の厚さは25mm以上がお勧めです。(toolboxの商品ページより抜粋)

だそうですよ。

ちなみに、梶原さんちのリフォームのテーマは、

足場材などの古材や鉄を使ったインテリアが特徴の“インダストリアル風”でした。