ヒロミさんが焼き杉に塗ったアサヒペンの塗料

ヒロミさんが24時間テレビ「本銚子駅の駅舎リフォーム」で、内装の飾り梁に使う焼杉に塗った塗料は、

アサヒペン 油性焼き杉用塗料

杉の木材の表面を焼く加工を「焼き杉」と言いますが、これは杉板の表面を炭化させることで防腐効果が出るので、塩害の多い近い地域などに適した加工だそうです。

写真はイメージです。

ヒロミさんは、杉板の表面をガスバーナーで焼いたら、さらに鉄のタワシでこするという作業を追加。

鉄のタワシというか、
真鍮のブラシではなかなと。
こういうの

これにより木目が引き立ちました。

使い込んだ雰囲気が出て、大正ロマンのイメージにぴったり。

その板に杉板専用の塗料を塗り、防水効果をプラスしました。