ヒロミさんが一週間タンスをつくった工房

9月4日の“八王子リホーム”で、ヒロミさんが伊代さんの為に作ったタンスを製作したのは、山梨県富士吉田市にある「渡辺建具店」だと紹介していました。

ヒロミさんが作ったのは、整理整頓が苦手な伊代さんのために、一週間分の服を分かりやすく収納できるタンス。

名付けて「一週間タンス」。

気になった材料は、板と板の接合に使った「ビスケット」という材料。

板の接合部分にジョイントカッターで溝を作り、その溝に接着剤を流し、ビスケットを差し込んで接合させていました。

接着剤の水分でビスケットが膨らみ、強度の高い接合ができるそうです。

いろんな工具や道具があるんですねー。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする