パンサー尾形さん新居リノベーションLDKとドレッサー編

写真はイメージです。

2018年7月9日「有吉ゼミ」。
ヒロミさんのパンサー尾形さん新居のリノベーション

今回は2階のリビングダイニングキッチンのリノベ。
目指すは「ニューヨークブルックリンのカフェ風キッチン」。
プラス、3階寝室奥に奥様のためのドレッサー作り。

アイランドキッチンの片方の通路に壁を作る

もともとアイランドキッチンだったが、
システムキッチンの片側狭い方の通路に壁を作った。
半畳ほどのスペース。ここは冷蔵庫を置くスペースにした。

システムキッチンのダイニング側にカウンターを作る

システムキッチンのダイニング側には壁から板を渡し、カウンターを作った。
上記の壁を作った事でカウンターを作る事が出来た。

支えがないと不安なので、ガス管パイプを使ってカウンターの脚を作った。

同じ物ではありません。

ガス管にはターナーのアイアンペイントの黒を塗装。

キッチンの手元を隠す高さ約30cmの仕切り壁を作る

キッチンが丸見えにならないように、カウンターとキッチンの間に低めの板(高さ30センチくらい)を設置しダイニング&リビングから見えないようにした。
その壁に白いタイルを貼った。
タイルはニューヨークの地下鉄の壁に貼ってあるような雰囲気のタイル
アドヴァンの「インメトロ」という商品。

アドヴァンは、タイルや洗面、フローリングやウッドデッキなどあらゆる建材を販売しています。水周りのリフォームを計画中の方や、天然石材でおしゃれな住まいづくりをお求めの方に豊富な商品を取り揃えております。本ページでインメトロの商品がお求めいただけます。

貼り方は「馬踏み目地」というのかな。

タイル貼り方の種類で参考になるサイト↓

タイルをカットする工具「タイルカッター」。

同じ商品ではありません。

板の天には木工用ボンドを塗り、木枠をタッカーで固定し化粧した。

キッチンの奥の壁にもタイルを貼った。
下から1mくらい上から、広さ約3帖の壁に同じタイルを貼った。650枚。

2階LDK入り口にドアを新設

1階から階段を上ると2階にLDKの尾形邸。
階段と2階の部屋には扉は無い。
ここにヒロミさんはドアを設置。
ドアは3階で不要になったドアをリメイクした。
まずドアの中板を外しガラスを入れた。
次にシックな木目調の「ダイノックフィルム」を木部分に貼った。

こんな色だった。

ガラスにはスリガラスフィルム(3M)を貼った。
これかな?

水で貼るタイプのフィルム。
ドアがあることで小さなお子さんの転倒防止にもなる。

尾形さんのスニーカーを売却

尾形さんの趣味はスニーカーコレクション。
長年集めたスニーカーを思い切って売却。
新しい家電購入の費用のため。
売却したお店は、トレファクスタイル高円寺2号店。
査定価格は281,000円。

コンクリート風壁紙と黒板壁紙と本棚風壁紙

キッチンの一辺(パントリーの壁かな?)にコンクリート風な壁紙を下から1メートルくらい上から貼った。

こんな感じ?

その下部分には黒板シートを貼った。子どもが落書きが出来るように。

同じ物かは?

システムキッチン横の通路スペースを塞いで作った壁には本棚風な壁紙を貼った。

多分これかな。

キッチン壁際におしゃれな収納棚

タイル壁の下に奥様が欲しがっていた収納棚を作った。
まずは4つの木箱を横並びに置き、その上に鉄の枠を何本か設置し板を渡した。
アイアンフレームって言うのかな?

こんな感じ。

上はオープン棚で下の箱には扉があるものと無いものがある。

むき出しになっているコンセント作り

収納棚にはキッチン家電が並ぶ。
そのためにコンセントが必要だが、ヒロミさんは直径3センチ金属のパイプを使いパイプで繋がるコンセントを壁に設置。
露出排管露出型コンセントといったらいいのかな?
スイッチボックスというのかな?

同じ物ではありません。

スイッチボックス

パイプを簡単に曲げられるパイプベンダーで曲げた。

同じ物ではありません。


パイプをカットするのに使ったのはパイプカッター。

同じ物ではありません。

キッチンシンクに埋め込み式洗剤ボトル

キッチンシンクに穴を開けて、埋め込み式の洗剤ボトルを設置した。

同じ物ではありません。

照明レールとスポットライト

キッチンの天井には照明用のレールを設置。

ダクトレールって言うのかな?

これにスポットライトを付けた。

3階寝室奥にドレッサー部屋

3階寝室のTVボード裏のスペースにある小さな収納。
そこを潰して3.5帖ほどの空間に広げた。
このスペースを奥様専用のメイクルームに。

まず壁にペインウッド調の壁紙を貼った。1090円/平方メートル。

西海岸風な白い木目調の壁紙
2018年6月18日の“八王子リホーム”ヒロミさんはパンサー尾形さんの意向を酌んで、壁紙は西海岸風なイメージに。尾形さんの意向とは、「カリフォルニア系のスケーターが行くカフェ」

それから横長の小さな窓の窓枠にモールをタッカーで設置。
モールはブラウン色に塗装して取り付け。
まるで額縁。

タッキーの手作りドレッサー

ドレッサーはタッキーの作業。

厚さ2.5センチのパイン剤を丸のこでカット。
カットした切り口にカンナがけ。
デスクの天板の手前をジグソーで半円にカット。
半円の形にすることで壁の鏡との距離が近くなる。

切り口はトリマーを使って縁を丸くした。
また、オールナット系の塗料で着色。

天板には自由錐で穴を開けた。
この穴の下にはゴミ箱を設置。

ダンパー付き屑入れ投入口

こんな感じ。

引出しの手前も天板に合わせて半円にした。

ドレッサーの正面の壁には女優ミラー付きの鏡を設置。

壁に板を取り付けてそこにドレッサーの引出しを天板を設置。
脚なしのドレッサー。

ヒロミさんはIKEAの無垢のチェストを白く塗って汚し加工をし、西海岸風な雰囲気のチェストに変身させた。

以上。大まかなメモ。