24htv「要町あさやけ子ども食堂」のリフォームメモ

2018年9月3日の有吉ゼミは、
ヒロミさんの24時間テレビでのリフォームを紹介していました。

リフォームしたのは豊島区にある築50年の
要町あさやけ子ども食堂

東京都豊島区にある要町あさやけ子ども食堂は、「家で1人で食べるより、みんなでワイワイ食べよう」をモットーにした、子どもが1人でも入れる食堂です。子どもにワイワイがやがや賑やかに食卓を囲んでもらいたい。日頃忙しいお母さんに一食分でもゆっくりすごしてもらいたい。そんな思いから子ども食堂をやっています。

リフォームのテーマは「昭和レトロ」。

使った道具や材料などのメモ(大雑把)。

庭にウッドデッキを作った

庭を潰してウッドデッキを作りました
これにより食事スペースも拡大できます。

まず草木を刈り込んで、
庭に砂利を敷き詰めました。
そして、木材を組立てました。
木材はシックなこげ茶色の塗料を塗りました。
防虫防腐効果のある塗料だそうです。

約45分でウッドデッキの床を貼り終えました。

その他には、
ウッドデッキに置く子ども用のイスを丸太で作製しました。
中をくり抜いたり、表面に裂け目を入れたりしました。
オイルステインで塗装もしました。
丸太のイスの中には屋外用LED照明を取り付けました。
まるでキャンプのランタンみたいな雰囲気です。

また、ウッドデッキの手摺には
スリットアニメーション
という仕掛けを作りました。

透明のアクリル板に洗剤が入った水を吹き付けて滑りをよくし、
シール状になった黒いストライプのシートを貼りつけました。

スキャニメーションの仕組みと作り方を解説するページです。このサイトではスキャニメーションをweb上で動かして遊ぶことができます。また、ダウンロードデータを印刷して遊ぶこともできます。

それから、デッキの屋根にはミストシャワーを設置しました。

楽しい仕掛けがあるカウンター

仕切り壁のダイニング側に
仕掛け付きのカウンターを設置。

大工さんが作った巨大な箱に
ウッドタイルを貼りました。
ニッカブロックレンガ調(立体)8,802円/平方メートル」

ウッドタイル(楽天市場)

薄いタイルと厚いタイルを組み合わせて貼ると、
壁に立体感が出ます。

裏側には緑色の突起のあるシートを貼りました。
これはレゴがくっ付くシートです。
レゴシート」。


EMY 基礎板 ブロック プレート クラシック 互換性 32×32ポッチ グリーン ダークグレー ブルー ベージュ 4枚セット

キッチンの床の張替え

タッキーがキッチンの床を張り替えました。
テラコッタ調のフロア材
を使いました。

フロア材の継ぎ目から水が入らないように、
継ぎ目の部分に専用のすき間剤を熱で接着をしました。

ダイニングの床のコーティング

昭和の雰囲気を残す板張りは残すことに。
汚れを落とし、特殊なコーティング剤を塗りこみました。

モップで床一面に塗り込んだら、UV(紫外線)を当てて固めました。

紫外線を当てると2秒で固まる特殊な樹脂です。
床コーティングはこちらの会社のかな?
グッドライフ」。

フロアコーティングのことなら15万件以上の施工実績のグッドライフへ。横浜、大阪、福岡のショールームではコーティングの種類、メリット・デメリット、予算などお客様の疑問を解決いたします!サンプル請求、無料見積りもお気軽にどうぞ!

艶のあるきれいな床に変身しました!

巨大オーブンを移動

600kgの巨大オーブンをキッチンの奥に移動しました。
設置する壁にはキッチンパネルを貼りました。
淡いグリーンの耐熱パネルです。
オーブンの上には約30kgの巨大なレンジフードを設置。
キッチンパネル貼りやレンジフード設置の時に、
博多華丸大吉さんがお手伝い。

木枠の窓ガラスにステンドグラス風シートを貼った

庭に面した木枠の窓ガラスはレトロな雰囲気。
これはこのまま使うのでを奇麗に拭きあげました。

欄間窓部分には、
レトロな雰囲気のステンドグラス風シートを貼って。
すりガラス風にしました。

これ似ています。ちと違うかな?

手作りショーケース

パンやスイーツを並べる、
木製のショーケースを作りました。
釘を使わずビスケットで接合しました。

ビスケットはこんなもの。

ショーケースってこんな感じです。

上の写真は楽天市場の商品です。
この商品の底は木製ですが、
ヒロミさんはステンレス板を貼りました。

食品を並べるにはその方が掃除がしやすそうですね。

ケースの天板のガラス面には、
ASTROPRODUCTSサンドブラスト
でかわいい装飾を施しました。

こんな機械。

砂を高圧で吹き付けてガラスの表面を削るという方法です。

キッチンとダイニングの仕切り壁を作製

今までなかったキッチンとダイニングの間に、
仕切り壁を作りました。
下地を木材で組んで石膏ボードを貼りつけました。
石原良純さんと坂上忍さんがお手伝い。

ボードを貼ったら、
継ぎ目やビス穴をパテで埋めた後、壁紙を貼りました。
腰くらいの高さに板を貼って、
板の下部分は濃いグリーンの壁紙を、
板より上の部分は白っぽい壁紙を貼りました。

濃いグリーンの壁紙ってこんなのかな?
RE-2413の色が似ています。

タッキーのダイニングテーブル作り

タッキーがダイニングテーブル作りの為に訪れたのは、
木工ひき物工房「秋山ヒキモノ」。

角材をアンティーク風なデザインに削って仕上げました。
脚にはオーク色の塗料を塗りました。
脚を木枠に繋ぎ、コーナー金具を使って補強しました。
そして天板を固定。
天板には30度を超えるとその色が変わる感温塗料
「サーマルカラー」を塗りました。

ここの?

掌をテーブルに押さえつけるとそこだけ色が変わります。
何もしなければ焦げ茶色の天板です。

ダイニングの壁作り

ダイニングの壁には腰板を貼って、
板より下半分は、キッチンとダイニングの仕切り壁にも使った、
濃いグリーンの壁紙を貼りました。

この壁紙は黒板にもなります。
腰板の上部分には、カウンターでも使ったウッドタイルを貼りました。
ニッカブロックレンガ調(立体)8,802円/平方メートル」。
なんと400枚も。

ウッドタイル(楽天市場)

カウンターの7倍の面積だそうです。
ウッドタイルを貼った壁の向かいにはダマスク柄の壁紙を貼りました。

ヒロミ&タッキーの手作り食器の返却棚

キャスター付きの木箱を作りました。
これはゴミ箱になっています。
ゴミ箱のフタはゆっくり閉まる油圧式ダンパーを使いました。
子どもたちがけがをしないようにという工夫です。

箱の上にはアイアンの枠を取り付けて、
そこに板を渡して棚を2段作りました。
棚は食べ終わった食器を返却するための棚です。

アイアン枠。イメージはこんな感じ。

【その他】

腰くらいの高さの業務用冷蔵庫の天板に、
石の天板を載せて、パンも作れる作業台にしました。
天板は、硬い水晶で出来ていて包丁のキズが付かず衛生的です。

商品は「Advan ナチュラルクウォーツ
Advan

子どもたちが描いたメモリアルタイルは、
玉川窯業

モザイクタイル・アートタイル・改修用タイルやメモリアルタイルの製造メーカー。メモリアルタイルは絵タイル・手形タイル・メモリアルクラシュアートなどがあります。DIY用タイルでかるかるブリックやモザイクタイルやアルファベットタイルなどを通信販売にて販売しております。岐阜県多治見笠原町で美濃焼きの産地です

ヒロミさんたちは最高気温35℃の猛暑の中頑張りました!!

すごい!!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする