女子サッカークラブハウスをナチュラルモダンにリフォーム.その2

写真はイメージです

2019年6月24日放送「有吉ゼミ」。

八王子リホーム」は、
2019年5月27日放送した、

山梨県にある社会人女子サッカークラブ
FCふじざくら」のクラブハウスのリフォームの完成編。

リフォームの目標は、

  1. モチベーションが上がる玄関
  2. 機能的な収納スペース
  3. 巨大なパーテーション
  4. 女性が使いやすいロッカー
  5. 選手が喜ぶ癒しアイテム

前回の放送で、1.2.3は終わったので、
今回は、4と5。

女性が使いやすいロッカー

ゴルフ場からのおさがりロッカーは、
細すぎて荷物が収まらないので、

収納十分なロッカーに。

ベースとして採用したのは、
IKEAのクローゼット収納

プラッツァ」(8500円)

幅は60cm。

もともとのロッカーの2倍あります。

ロッカー内には、

IKEAの引き出し「スカトヴァル」(2,500円)や、
バスケット「イェルパ 」(1,300円)、

ロッカーから正面に向かって伸びるパイプはハンガー掛け、

ロッカーの天井に穴を開けLEDライトを設置。

引き出しがテーブル(食卓)にもなる工夫もしました。

更に、

真っ白で無機質なロッカーの内側に、
薄い桜色のメラミン化粧板を貼り女の子のロッカーっぽくしました。
スポンサーリンク


選手が喜ぶ癒しアイテム

ヒロミさんは、

アロマのインテリア「木製のアロマウッド
をジェシーさんに依頼。

木製のアロマスティックみたいなものかな。

使う板が厚かったので、

木材の厚みを調整する機械「自動かんな」で
厚すぎた板を薄く削って6ミリの厚さに。

自動かんな」。
めちゃくちゃ重そうでした。

「FCふじざくら」のロゴを模した、
特製アロマウッドを作り上げました。

ちょっと和風な雰囲気のアロマウッド。。

それから、

玄関には靴が履きやすいベンチを設置。
IKEAの木製ベンチの脚をカットして座りやすい高さにしました。

そして、

玄関の壁には、木材でモールを作り額縁を作りました。
その中に、フェイクグリーンを埋めました。

こんな感じの↓

その他のリフォーム

【ストレッチをしやすいように工夫したリフォーム】

富士山と桜の写真のパーテーションの裏に
巨大な鏡を2.4m×2m貼りました。
重さ60kg
一度張ったら貼り直せない!

床が痛いと言っていたので、
カーペットを貼りました。

スプレー式接着剤「GAスプレー」を
まず床に噴射し、貼りました。

これかな↓

【洗濯物のために】

汚れものを洗えるシンク「スロップシンク」を設置。

「スロップシンク」は、
こんな感じのもの

ヒロミさんが設置した物には、
洗濯板が付いていました。

最後のお披露目の時には、
壁に扉付きの収納も設置されていました。

【ヒロミから出されたジェシーへの三つの課題】

1.青いカーペットを貼り終える
2.ピンクの壁紙でアクセントを加える
3.新し色(黄緑色)のカーペットを床に貼る事

部屋の用途によって床の色が変わっています。
床の色を掛ける事で壁が無くても、
部屋が区割りされる感じなります(ゾーニング)。